ペット

うめぱの生還

生還だなんて大げさなぁ。

でも引越し前は「上海の検疫所に1週間なんて、死んじゃったらどうすんのぉ?」なんて思ってたからね。

シンガポール側の出国の手続きはPETMOVERSにお願いしました。

470ドルで、彼らの懇意にしている獣医での健康診断、農水省みたいなところへの提出書類一切の作成・提出・受取をしてくれます。

本当は個人でもできるんだけど、引越しっていろんな予測のつかない面倒なことが起こるかもしれないから、お金で任せられることは全部お任せしました。

Changi そして出発当日、空港のチェッキングカウンターで書類を頂き、うめぱは係りのおじさんに連れてかれてお別れしたのでしたairplane

上海についてイミグレを澄ませて荷物のでてくるベルトコンベアーのあたりで、「うめぱはどこからでてくるんだろうねぇ」なんて話してたら、そのベルトコンベアーのところに立っている空港職員のお兄さんの足もとに、みたことあるキャリーがあったのです。

あらぁ、猫は早くでてくるのねぇ。

Shanghai3 6個の荷物がすべてでてくるまでうめぱとしばしの語らいをしてました。

「これから検疫所に行くけど、きっとかえってこれるから、がんばるんだよー」

「餌がまずくても、たくさん食べなね。 水もまずいだろうね。 がんばってよー」

と、がんばれのオンパレードweep

検疫の事務所でいろんな書類にサインし、飼い主とともに写真を撮り、26日にマンションまで届けてくれるようにお願いしました。

7日間の検疫費用が2000元、検疫所からマンションまでの配達費用が300元でした。

そして、今日10時から12時の間に届けると昨日電話があり、朝からトイレやらごはんやらの準備をしてまってたら、9時半すぎに1階の受付から、「猫が到着しましたよー。 玄関まで運びますね」って。

あれ? 動物は人間用エレベータを使っちゃいけないから、地下のパーキングの入口で待ち合わせって言ってたのに。

うれしい誤算でしたけどね。

エレベータがついたとたん、玄関ドアの外で「にゃーにゃー」と大きな声が聞こえてきました。

ものすごく元気。 「早く出せ出せ!」と叫んでました。

受取の書類にサインをし、これで無事到着です。

Shanghai_2 Shanghai_1_2

catやっと上海新生活がスタートした気分!!happy01

| | コメント (4)