観光

春節だから歩きまくり

昨夜の花火、爆竹もひどかったぁ。

朝から雨で「今日は花火は無理だなぁ」と思っていたら、小雨になった午後からそこいらでおじちゃんとかが、のそのそと家からスーパー袋に詰め込んだものを持ってきて、道路でやり始める始末。

本当に好きね、上海の人!

ニュースによると、大みそかの爆竹の燃えカスの量は昨年に比べて少なかったと。 どんだけ? それは、

250トン!

トンだよ、トン。 トンの単位で少ないだと!!!

あほやで!

今も、最後の(そうあってほしい)爆竹とばかりに、そこらじゅうでバンバンバンです。

さて、私たちひまじんは、なんの予定もないのでまだ行っていないところ(私がね)の散策にでかけております。

春節2日目の27日は青空に白い雲という上海らしくないお天気。 ぽかぽかで、歩いていると小汗をかくくらいの陽気でしたsun

まず南京東路で地下鉄を降り、夫Nが5年前ひたすら通った思い出の場所巡り。

九江路という裏通りで、ここは表通りと違って昔のビルが残っていて懐かしい上海の匂いがします。 

途中、夫Nはウィグル人が道端で焼いている羊肉串をつまんだりして、相変わらずです。

外灘に近づくと、駅前と同じくらいの人ごみです。 上海近郊から観光に出てきた方々と思われ、おしゃれしているんだけど「なんだかなぁ」な団体がいっぱい。

その人たちと私たちの行動は一緒です。

そう、黄浦江を渡るのです。 

方法は、地下鉄、フェリー、タクシー等ありますが、今回は観光隧道を使うことに。

これね、「タイムマシーンみたい」なんて宣伝してるのもあるけど、川の下のトンネルをケーブルカーみたいなので行くってだけなの。

でも、そのトンネルがイルミネーションできれいだから、「タイムマシーン」とか言っちゃってるわけ。

PhotoPhoto_2 左が入口に向かうエスカレータ、あやしい。

右がトンネルの風景。

もっと変な人形があったり、変なBGMもあったりです。

これで片道40元。 お上りさん(私たちも)しかいませんよ。

Photo_3 そして浦東からの風景。

今和平飯店が外壁修理中で緑のネットかぶっているから、おしいな。

この人ごみ!!!!!!

小腹がすいたので、お昼ごはん。

でも、どこも混んでいるのですいているホテルのレストランを選択。

Photo_4Photo_5 東方濱江大酒店という民族系のホテル。

外資系じゃないから、今は閑古鳥が鳴き放題。

ゆっくりごはんが食べられました。

左は夫Nが頼んだ上海炒麺(またかよ!)、右が上海風点心セット。

どちらも68元+税(15%)

なぜだろう、松花堂弁当箱使ってる。 西米露も、トマトと卵のスープもお椀だよ。

おしゃれ??

さて観光は、大好きな水族館。Photo_6 Photo_7

入場料が120元もします。

なのにお客さんいっぱい。

シンガポールのセントーサ島のアンダーウォーターワールド並です。

海亀、きゃわいい。 ペンギンもきゃわいい。 でもなんといっても、ゴマふアザラシのおなかがきゃわいいのだ。 

かわいくないサメやワニもうようよいました。

くじ引きでもらった5元バウチャーを使わなくっちゃと思ったが、出口のお土産売り場はどこかのキャラをパクッたようなぬいぐるみでいっぱいだったわ。

帰りはフェリーに乗ろうかと思ったけど、黒山の人だかりどこまで続いているかわからないので、普通に地下鉄で帰ってきました。

しかし、駅にはmy first地下鉄って感じの人だらけで、発券機の前が大混み。

上海でもスイカのようなカードシステムなのだが、カードをタッチする場所でまた困っている人の山、山、山。

なんだかそこらじゅうで「だべさ」「だべさ」って言っているようだったよん。

豫園に行こうかと思ったけど、春節中は避けるべし!と肝に銘じたのだった。

| | コメント (6)